無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
13
2020/04/01

第4話

って、








私遅っ!


ほとんどみんな座ってるし!


というかめっちゃ席前なんだけど…






とりあえず座らなきゃ!



焦って早歩きになる




と、






「ガシャッ」








あ、
机の横に掛かってる誰かのバッグに引っ掛かっちゃった。
みんなの視線が一気に私に向けられた。






恥ずかしっ/////



私はみんなに注目されるのが本当に苦手で…
小川優菜
ごめんなさいっ!
顔を真っ赤にしながら、そう言って足早に席に向かった。






はぁっ…
やってしまったよ。



これからどうなっちゃうの???













「あ、小川じゃん!」




聞き馴染みのあるその声は…