無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

18
2020/06/01

第3話

安心したぁ
なんか嫌な予感するんだよね。

唯愛と違うクラスになりそうで。



で、私が苦手な人と一緒だったら…



ああ〜もう!
なんで私こんなにネガティブなのよー!
こんな自分が嫌いだ。

 
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



中学校に到着。



わっ…
こんなに人いるんだー…

どうしよ、唯愛と会えるかなぁ…








「あなた〜!」




あれは…




唯愛だ!!!!!








唯愛「やっと会えた~!」


あなた「んね!!笑 人多すぎだって笑」




唯愛「ちょっとまずさ、肝心のクラス発表
   見てこようよ!!」



あなた「そだね!!いこいこ!」










私たちはクラス発表を見に、昇降口へ走った。