無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,783
2021/07/20

第9話

塩でも嫉妬はするんです!(🐹🐭)
ユンギ
ユンギ
あ、ジンヒョn
ジミン
ジミン
ジンヒョンー!
ジン
ジン
やぁぁぁ、ジミン
どうしたの!
ジミン
ジミン
この後、買い物行きましょ!
ジン
ジン
買い物?
ジミン
ジミン
はい!
ジン
ジン
分かったぁ、じゃあ
支度してくるね!


僕の方が先に話しかけたのに…
最近、ヒョンと話せてないから今日こそは
って思ってたけど…



やっぱり、無理だなぁ…w泣


ジン
ジン
支度で来たよぉ
ジミン
ジミン
じゃあ、行きましょ!



あ、ヒョンが行っちゃうッ




やだ 行かないで




離れていかないでよ…




ジン
ジン
ユンギ?どうしたの?
ユンギ
ユンギ
え、あッ


自分の手元をみると



無意識のうちにヒョンの袖を握っていた



ユンギ
ユンギ
いやッ何でもないです
ユンギ
ユンギ
行ってらっしゃいニコッ
ジン
ジン
………




ガチャん🚪





ユンギ
ユンギ
あぁ、ヒョン行っちゃった…



何時に帰ってくるのかなぁ…




帰ってきてもどうせ喋れないし




別れるのも時間の問題だよね…



ユンギ
ユンギ
部屋にもどろ…


部屋に戻るためにソファを立つと


リビングと廊下を繋げる扉が開く


ホソク
ホソク
あ、シュガヒョン!
おはようぉニコッ


「さすが、僕達の希望!」と言わんばかりの
優しい笑顔



ホソク
ホソク
えっ!ヒョン!
泣いてるんですか?
ユンギ
ユンギ
え?



目の下を触ると手に水が着いた


その水は止まる事を知らないみたいにポタポタ
と流れはじめる



ユンギ
ユンギ
ホソクッヒック泣
ホソク
ホソク
大丈夫ですよ
僕がいますからねヨシヨシ
ユンギ
ユンギ
ありがとぉ泣








一通りホソクの腕の中で泣き終わって少し
落ち着いた




ホソク
ホソク
どう?ヒョン?
なんで泣いてたか話せる?
ユンギ
ユンギ
(。_。`)コク



最近、ヒョンが冷たい事

そろそろ別れ時なのかもしれない事

ヒョンが触れてくれない事


溜め込んできた全部をホソクに話した



ホソク
ホソク
ヒョン!悩んでる事は
ちゃんと相談して下さいよ!
ホソク
ホソク
ヒョンはただでさえ溜め込み
やすいんだから!


ほっぺをプクッと膨らませて怒るホソクが可愛い
くて思わず笑みがこぼれる



ユンギ
ユンギ
ふふっ、ありがとう
ホソク
ホソク
もぉ(  ー̀ н ー́ )
ホソク
ホソク
でも、ジンヒョンの事なら
大丈夫だと思いますよ?
ユンギ
ユンギ
え?
「それってどういう意味?」と聞こうと
した時リビングの扉がひらく


ナム
ナム
おぉーい、ホソク〜
ホソク
ホソク
あ!ナム!
ナム
ナム
もぉ行くよ?
ホソク
ホソク
分かった!先に車
乗ってて
ナム
ナム
分かったぁ


あ、そう言えば今日ホソク達デートって言って
たなぁ…


ユンギ
ユンギ
もうヒョンは大丈夫だから
行ってきな?
ホソク
ホソク
えっでも…
ユンギ
ユンギ
今からデートだろ?
可愛い彼氏が待ってるよ?
ホソク
ホソク
じゃあ、僕行ってきますね!
ユンギ
ユンギ
あぁ、楽しんでな
ホソク
ホソク
はい!