無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

メイドさん探し
えーっと、只今あのメイドさんを探しております。

あの子の名前なんだったっけなぁ……。

青と鈴は覚えてるんだけど……。


他のメイドさん「あらあなた姫、どうかなさいましたか?」

え、なんか喋りかけられちゃった……。
と、とりあえず聞くだけ聞いてみよ……。



「あの、私のメイドさん?ってどこにいますか?
青……鈴……って名前の……。」


他のメイドさん「ん~……。青木美鈴のことでしょうか?」


あ!その人かも!!
やっぱ人に聞くのが一番だね~!



「あ!その人だと思います!
教えてくださりありがとうございました!」


それにしても私、何でこんなとこに来た?
こんなとこにずっといたら、
声優さん不足で消滅しちゃうよぉぉ!!?


っとまぁ今は置いといて……。
美鈴さんのところに行かないと……。


─────────────────────




バカな作者
バカな作者
はい!どうも!kotoneでございます!!

お気に入りにしてくださってる方々!ハート?いいね?してくださってる方々!ほんとにありがとうございます!

凄く励みになります!
しかもフォローまでしてくれる人も……(泣)
感謝感謝でございます!!

毎回毎回、話が短くて申し訳ございません……。
これからも精一杯、頑張らせていただきます!