無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

fifteen🧋
あなたside
…
また、嫌なこと思い出しちゃった…
(なまえ)
あなた
ポロッ…
(なまえ)
あなた
あれ…?
(なまえ)
あなた
グス
(なまえ)
あなた
(´Д`)ハァ…
(なまえ)
あなた
ご飯作ろ
トントントン
部屋の中には、包丁で野菜を切っている音が鳴り響いている
元は、お母さんとお父さんと一緒に住んでいたからある程度は広い
1人で住むのには広すぎるぐらいだ
あの時、私の隣の家がちょっうどころんの家だった…
だから、私は幸い助かったのだ
もし、あの時、ころんに話しかけてもらわなかったら
あの時、家について行っていなかったら…
あの時私はどうなっていたのだろうか…
今でも私は、
ころんと、ころままには感謝している
(なまえ)
あなた
今度、お菓子でも作って持って行ってあげよう
(なまえ)
あなた
よし!
(なまえ)
あなた
ご飯できた!
(なまえ)
あなた
もう、気持ちは切り替えよう
(なまえ)
あなた
( ˙༥˙ )もぐもぐ
(なまえ)
あなた
うん!
(なまえ)
あなた
美味し!
(なまえ)
あなた
さーて
(なまえ)
あなた
お風呂でも入っちゃお!
🧋
🧋
🧋
🧋
🍩
🍩
🍩
🍩
作者🧋🍩
作者🧋🍩
あと、
作者🧋🍩
作者🧋🍩
もう1個投稿します!
作者🧋🍩
作者🧋🍩
次も、あなたsideです!