無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
130
2021/07/04

第6話

ヤバい先輩とご対面
ジャミル
ジャミル
というふうに……。フロイドだけでなく、色々な人魚を見つめては腹を鳴らしてる。
ジャミル
ジャミル
もちろん、獣人もグラトニー先輩に見つめられているな。
エース
エース
まんま獣のグリムもあぶねぇじゃん…。気をつけなよ?いつかパクリと食べられちゃうぞ?
グリム
グリム
ふなぁ〜〜〜!!
監督生
監督生
あっ!グリムが怯えちゃったじゃねぇか!!この罪は重いぞ、エース・トラッポラ!!!!
エース
エース
何でだよ!!!俺も怯えてんの!!!
監督生
監督生
知らねーーーーよ!!!!!
エース
エース
塩対応過ぎじゃね????泣きそう
ジャミル
ジャミル
はぁ……。茶番はこれくらいにして、エースはさっさと着替えて部活に参加しろ
エース
エース
はーい
ジャミル
ジャミル
それで……、監督生はどうするんだ?このまま見学か?
監督生
監督生
いや、もうクソつまんねぇ用事は済んだので帰りま……
《ドサッ》
ジャミル
ジャミル
ん?
監督生
監督生
何か後ろで音…………うぉっ!?人が倒れてるんですけど!!?
グラトニー
グラトニー
ゔぅ……
ジャミル
ジャミル
あー、この人がグラトニー先輩だ。
監督生
監督生
こんな登場の仕方あります?少なくとも俺の人生の中では1回もなかったです。
ジャミル
ジャミル
グラトニー先輩、大丈夫ですか。
監督生
監督生
まさかのスルー
グラトニー
グラトニー
………………飯
ジャミル
ジャミル
どうやら腹がすいているようだな。
監督生
監督生
ジャミル先輩、めっちゃ冷静すぎません?この人飢え死にしそうなくらい苦しそうにしてますけど
ジャミル
ジャミル
先輩、残念ですが俺は今手元に食べ物を所持してないんです。すみません。
監督生
監督生
またスルーかよ。って、食べ物?俺、1つだけ飴持ってますよ。
グラトニー
グラトニー
飴………………
ジャミル
ジャミル
欲しいみたいだな
監督生
監督生
はい、どーぞ。
グラトニー
グラトニー
ありがと………………
___________________________
監督生
監督生
すみません、ジャミル先輩。1つ言ってもいいですか?
ジャミル
ジャミル
よし。監督生の発言を許可しよう。何だ?
監督生
監督生
随分と上からですね。じゃなくて、あの先輩帰っちゃいましたけど
監督生
監督生
まじで何しに来たんです?
ジャミル
ジャミル
……部活に来た。ということを忘れたんじゃないか?飴貰って満足したみたいだし。寮に戻ったんだろ。
監督生
監督生
あの先輩バカなんですか?