無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

131
2021/06/27

第3話

設定2
監督生
監督生
名前:監督生(って呼ばれてる)

一人称:俺

所属寮:オンボロ寮

学年・クラス:1年A組?番

誕生日:?月?日

年齢:16歳

身長:170cm

利き手:右

出身:日本(東京)

部活:なし

得意科目:魔法史

趣味:グリムの観察

嫌いなこと:グリムを馬鹿にされること

好きな食べ物:刺身、寿司

嫌いな食べ物:納豆

特技:グリムを見つけること
ちなみに、というか、見てわかる通り、監督生はそんなに小エビでもないグリムのセコムです。


グリム大好き人間。グリムのこととなるとIQ3になる。


俺は馬鹿にしていいけど、グリムを馬鹿にすることだけは許さん!



ミステリーショップで買った摩訶不思議なアイテムを使って喧嘩する。まじサムさん大好き。いつもありがとう状態。


サムさんの「IN STOCK NOW !!!!!!」で心が落ち着く。



好きな食べ物はやっぱ日本人だし。刺身、寿司はいいぞ。
美味い美味い。



え?納豆??無理〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!



ツイステッドな世界に納豆なくて良かった……。
あのにおいだけはちょっとな……。うん。



というか学園長!いつになったらグリムは大好きなツナ缶を食えるんですか!?


1週間に大好きなツナ缶が1缶とか動物虐待だと思わないんですか!?


ツナ缶ツナ缶呟いてるグリムを見てくださいよ!!
落ち込んでるグリム可愛いすぎだろ!?すき!!


(限界グリムオタク)
__________________________


明らかに監督生の方がヤバい先輩よりキャラ濃くて草。