無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🥀🥀



数日後ね。
あなたちゃん、ちょっと体調悪くて
学校休む。



『うぅ、ひま、、』



だーれも相手してくれないから
ひまひまひま。←かまちょかよ。



ピロン


お?お?なぜ、いま?
いまschooltimeよ?お?



🐯 [大丈夫か?]



キムテヒョンシィィィィィ!!
サボりかこいつは。


『[大丈夫!!]』

🐯 [なんかあったらすぐいえよ?]

『[あ、でも、]』

🐯 [どうした。]

『[頭が痛い、]』

🐯 [すぐ行く。]




は?ん?テヒョンきてくれるのか?ん?
あなたちゃんよく分からなくて
頭の上はてなばっかや。
そんなこともありあり、
すぐにテヒョン到着。



🐯 「頭大丈夫か?」

『うん、笑』

🐯 「なんだよ」

『言い方雑だなって笑』

🐯 「人が来てやったってのに。」

『ごめんごめんっ、

でも、学校、???』

🐯 「抜けてきた。」

『!?』

🐯 「え?笑」

『え、、?』

🐯 「『笑』」





何リア充出してんだーよ←リア充やし。
ってのも言ってる暇ない、


🐯 「あなたっ!!」



あなたちゃん、倒れちゃった、
テヒョンはすぐさま病院に連れてって、
待ってる。
グクとかジミンとかなよちゃんとか
続々と美男美女が来るから
病院ちょーーーっと騒然。
のくせに、結構あなたちゃんの様子も
やばいらしい。



🐯 「先生っ!!あなたはっ!!」

🏥👦🏻 「今は意識はありませんが、」

🍒 「あなたは助かるんですよね!?」

🏥👦🏻 「助かりはしますが、

詳しいことはまだよく分かりません。」









🍒 「あなたっ泣」

🐤 「あなたちゃん、どうしたんだろ、」

🐰 「…」

🐯 「お願いっ、あなたっ!!泣」


(今あなたちゃんの病室である)






next