無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

🥀🥀


そしてあるあるのお昼time
5人で屋上行くよね。
テヒョンは弁当持ってきてない。
=買いに行く。
あなたちゃんとGO





『な、なんか新鮮、、』

🐯 「なにが?」

『テヒョンが学校にいること。』

🐯 「そう?」

『(⑉・ ・⑉)』




↑の表情が可愛すぎて
テヒョンその場で抱きしめちゃう。
周りがワッってなる。


『て、テヒョン、みんなみてる、』

🐯 「あなたは俺のもの。」

『え?//』

🐯 「あなたもてるから。

俺のものってことを証明しないと

とられる。 ///」





あらあら。
テヒョンも珍しく照れちゃうから
あなたちゃんはもっともっと照れる。




『ふふ笑

ありがと』

🐯 「ん、///」

『テヒョンも私のものだからね?』

🐯 「!! お、おぉ//」





キャッ♡
そこでイチャラブしないのっ♡♡
まあ、テヒョンきて1日しかたってないから
先輩ヨジャとか、あなたちゃんを
狙ってたナムジャ現れるだよね。


ってことは。
高3の、오빠達もくーるー⤴←





🐴 「うわぁぁぁぁぁ!!」

🐨 「なんでここにテヒョンがぁぁぁ!!」

🐯 「暇だし、あなたに会いたいから

転校してきた。」




いつの間にかタメタメ。
それに対してあなたちゃんも
ちょっと驚く。
そして喜ぶ。


『なかよし、😊😊((ボソッ…』

🐯 「なんて?」

『ううんっ!』






あなたちゃんがテヒョンを
抱きしめたいと思ったことは
テヒョンに内緒★







next