無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第57話

🥀🥀



3ヶ月後_______




『進行してないといいけどな、』

🏥👧🏻 「そうだねー、

治ってることもあるかもね!」

『それを期待するっ、』




あなたちゃん、検診の日。
久しぶりにするから、ちょっとドキドキしてる。
てか、看護師さんと仲良くなりすぎじゃね?






ゴ メ ン ネ ト バス

数日後____



『ど、どうでしたかっ』

🏥👨 「あなたちゃん。ごめんね、」

『え、、?』








🏥👨 「余命半年になっちゃった、」







『どういうこと、、

ですか______』

🏥👨 「僕達のミスなんだ、、

本当にごめんなさい、、」

『お医者さんのせいじゃないですっ、

私がっ、、』

🏥👨 「あなたちゃんは悪くない、」

『わ、私がもうちょっと病気と

向き合ってれば良かったですね、笑』

🏥👨 「本当にごめんなさい、」

『大丈夫です😊

半年楽しみますっ、』

🏥👨 「本当にごめんなさい。」









あなたちゃんズroom


『ふぅ、、まさかね、、』



コンコン

🐹 「噂のジン오빠だよ☆」

『残念、今日は誰もいないんだ、』

🐹 「そう。元気?」

『元気元気😊 오빠は?』

🐹 「元気すぎて吐く。おえ。」

『笑 』

🐹 「あなた。」

『ん?』

🐹 「むり、してない?」

『無理、、してないよ』

🐹 「1人で抱え込まないで?

誰にも言わないから。ね?」

『うっ、、泣』




『私ねっ、余命半年なの、泣』

🐹 「え? 嘘は、おやめ笑」

『ううん、ほんと、泣』

🐹 「ほんと、、か、、」

『うんっ、泣

みんなには内緒にしてね?泣』

🐹 「わかった。

希望はあるからね!?」

『うんっ ありがと、』

🐹 「👍」



こんなときだけ優しいってのは
ずるいよね、







next