無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🥀🥀



🐰 「はよっ!!」


『???』





ちょっと、
可愛いすぎて
にげだすぐぅちゃん。
グクも可愛いんだよぼけ。





🍒 「あ、笑

照れたね笑」


🐤 「うん。照れた笑」

『照れた?』


🍒 「あなたは知らなくても

いーのよ?」


『(。・ˇ_ˇ・。)ムゥ…』



🍒 「ふふっ笑 かわいっ」












そして放課後になったのよね←
今日はみんなでカラオケなのよね。








🍒 「さぁ!何を歌おうか!」


🐤 「newface!!」


🐰 「いぇぇぇぇぇい」







グクもすっかり立ち直って。
歌う気まんまん。



🐰 「newface newface」

🐤 「newnew newface」



🍒 「フォォ!!」


『ふふふ笑』








こんな感じでもう8時近く。
あなたちゃん、오빠達に怒られそうで
そわそわし始めちゃうよね。



『…… ((´。•ω•。 ))』

🍒 「どうした?」


『そっ、そろそろ、

오빠達から連絡来そうで、、』

🍒 「あ~ そろそろ帰る?」


🐤 「だね。」

🐰 「かーえろっ」










あのね、帰り道ね、
ナヨンジミン
あなたグク

ってわかれるのよね途中




『……』

🐰 「……」





🐰 「あの、、さ、」


『???』

🐰 「昨日は、、ごめんね?」


『昨日、、

あ。全然!大丈夫☺』

🐰 「ほんと?」

『うん!!』


🐰 「ありがと。」








🐰 「んじゃ

これからもよろしくな( `ิิٹ´ิ)」


『( ˙-˙ )』





もとのグクに
何事もなく、
無事に戻りましたとさ。













next