無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第52話

🥀🥀






今日はテヒョンと旅行の日だぁ♡←
あなたちゃんは朝からワクワクしてる。
それを冷たい目でみるチョン兄弟(ジン&グク)
ん?なんでふたりいんの?お?




『あ、あの、、』

🐹 「なんだい?😊」

『なんでここに、、???』

🐹 「もちろんあなたちゃんに会いに♡」

『私着替えたいんですけど、、』

🐰 「着替えりゃいいじゃん笑」

『は、はぁ、、???』

🐹 「そうだよ、未来の僕のお嫁さん

なんだから~」

『お、およ、お嫁さん!?』

🐰 「ヒョン残念、照れてない。」

🐹 「くそっ」←





で、しぶしぶふたりは部屋からでて、
あなたちゃんは着替えたた。
そりゃーもうかわいいね♡









そして待ち合わせの時間。((駅だよ
あなたちゃんが向かうと、テヒョンは
イケメンオーラぷんぷん匂わせながら
周りを見渡してる。((キャーイケメン



『おっ、おまたせっ』

🐯 「ん。荷物もつ。」




一応泊まりだからって言っても
結構な荷物って感じであなたちゃん、
心配だからいろいろ、もってきたんだ。
それをテヒョンがもつって。
優男うぃ~




それからウロウロイチャラブして、♡
でも、どこ歩いてもテヒョンのお顔と、
あなたちゃんのお顔の偏差値は変わりまへん。




👨1 「そこの姉ちゃんかわうぃーねー」←

『あ、あ、ありがとうございます、』

👨2 「ねーね、今から海行くんだけどさ、

一緒行かない??」

『いや、人を待ってるんで大丈夫です、』

👨3 「一緒いって、気持ちいいことしち

ゃう??ニヤニヤ」


男達は、あなたちゃんの身体のあちこちを
触ってくる。((きも



『ほっ、ほんとにやだっ、』

👨1 「そーいうのホンットにそそる笑」

👨3 「それな笑」





ビチャッ←お水の音だよ




👨2 「あ?誰だお前。」

🐯 「それはこっちのセリフだよ。

人の女に手ー出してなにがいい?」

👨3 「え?たのしくね?笑」





ダァァァアンッ←お椅子けった音だよ




🐯 「あ゛? ふざけてんのかお前ら。」

『てっ、テヒョンやめっ、』

👨2 「こんなかわいーやつを1人にして

行くやつの方が最低だと思うけど?」

🐯 「ナンパするお前らの方がだとおも

うけど笑 あなたいこ、」

『うんっ、』




あーこわい。
こんなことほんとにあるのかね。
ブスな作者には全くわからないよ。





『て、テヒョンありがとっ、』

🐯 「助けて当たり前。」

『ふふ、好きっ』



って言いながらあなたちゃん
テヒョンのお手手握っちゃう


🐯 「///」





かわいーかよ、






next