無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

🥀🥀


👴 「あはっテヒョンっ」

🐯 「なにがあは。」





ユンちゃんキャラ崩壊。
ちょーーーーっとだけ
あなたちゃん、ユンギに対しても笑う。


『ふふっ。』

🐯 「あなた。おぼえとけ。」


👴 「てか、お前轢かれたって爆笑」

🐯 「あ゛?」

👴 「だっっっさっっっ爆笑」

🐯 「まじで殺されたい?」

👴 「俺まだ死にたくない。」

🐯 「じゃぁ黙れ。」

👴 「ぶはっ爆笑」

🐯 「🖕」


『うぅ、、( ̄^ ̄゜)』





あなたちゃん、こんな感じの
会話とか初めてだから
こわくてこわくて。




🐯 「あ、あなた。

俺の部屋行ってて。」

『う、うん、』










あなたちゃんは
テヒョンの部屋だよ★


🐯 「うろぁぁぁ」

👴 「がぁぁぁあ」

『!!?』

🐯 「ふんごぉぉぉぉ」

👴 「どばぁぁぁ」

『うっ笑笑』












🐯 「お待たせ。」

『!?』







そこには絵の具だらけのテヒョンが。
さっきのは絵の具のかけあいだったのね笑




『て、テヒョン、と、トイレ、』

🐯 「あ、隣にある。」

『ありがと、😊』









あなたちゃんダッシュ。
そして無事に終えた。
そして発見。
小さい頃のテヒョンテヒョンを。




※写真消えてたら、ごめんなさい🙇🏻



『んふ。かわいっ』





とってもとってもcuteすぎてやばい。






next