無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

🥀🥀



🐯 「ヒョン。」

👴 「よ。」







あなたちゃん、びっくりびっくり。



🐰 「え、うそ笑

テヒョンのヒョンって

ユンギヒョン!?」

🍒 「え、めっちゃ有名じゃん笑」

🐤 「だからテヒョンもヤンキー。」

『( °_° )』



🐯 「あ、ヒョン。」

👴 「あ?」

🐯 「こいつ彼女。」

👴 「あ?」

『!? ペコペコ』

👴 「あ。テヒョンが

お世話になってます。」

『いえ、、こちらこそ、、』








そんな言葉いうなんて
あなたちゃんは予想がつかなかったから
あんまりことばがでないのよね。
あ、ユンギは学校1と言われる
ヤンキーちゃんちゃん。
こまったこまった。





🐯 「あなた、俺んちくる?」

『!? い、今から!?』




ユンギがいるから
怖くていけないってことは
テヒョンにはぜーーーったい言わない。



🐯 「え、いや?、」

『い、いやじゃない、、けど、』

🐯 「あ、わかった。

ヒョンが怖いんだ。 」

『ちっ、ちがいます!』

🐯 「じゃあどうするの?」

『い、いきます、』







ということで
テヒョン家now。





『わっ、ひろっ、』



二人暮しのくせに
くっそひろいひろい。
の割には、男って感じの部屋。
(=綺麗ではーない?)






🐯 「いま汚いっておもったろ。」

『お、おもってないです。』

🐯 「ほんとは?」

『ごめんなさい

ちょっと思いました。』

👴 「テヒョン恐るべし笑」

『(^_^;)』





ってとこでテヒョンおトイレへ。
ゆんちゃんと、あなたちゃん
二人っきり!!



👴 「…」

『…』

👴 「出会いって?」

『ふぇっ?』

👴 「出会い。」

『あっ、

わっ、私が

テヒョンを轢いてしまいました、』

👴 「轢いた?笑」

『はい、、』

👴 「あいつ轢かれたの!?」

『う、うぅ』

👴 「ださっ爆笑」

『えっ笑』

👴 「だってあいつ、

あんな人じゃん爆笑」

『い、言われてみれば、』

👴 「だっっっっさっ爆笑」

『ふふっ笑笑』


🐯 「お前ら喧嘩売ってんの?」






っとここでテヒョン帰ってきたァァァァ!!









next