無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🥀🥀
あなたちゃん、
今日が退院の日なんですよね。
(1日しかいなかったけど)







『…』









でもね、寂しいんだよね。
けど時間は直ぐにすぎていっちゃうんだよ。






🏥👩 「あなたちゃん、そろそろ

病院でようか?」



『は、はい、、⤵』









看護師気づくんだよね。
そこでお助けマン!!







🏥👩 「あの人のとこに行かなくていいの?」


『!!』





そうだ、行くんだよ
あなた!!



その瞬間、あなたちゃんは
あの人のところに向かってはしっていったんだよね★
あぁ、恋っていいなぁ。((








『えっと、、

な、なんて言って入ろう、、』







地味に緊張して
あの人(あえて名前は言わない)
の病室の前でうろちょろしてる。

あなたちゃ~ん。
どう見ても不自然だよ~。なんておもってたときに、




















🐯 「なにしてんの?」
















なななんと!?
キム・テヒョン氏がきた!!きた!!きた!!





当たり前だけどあなたちゃん、
びっくりだよね。








『なっ、なんでここに、、』

🐯 「なんでって、ここ、俺の病室だから。」



『Σ(´□`;)』


🐯 「なんでここいんの?」




『やっ。やっ、ただ歩いてただけです~』


🐯 「の割には挙動不審だし。

ドアの中覗いてたし。」


『∑(O_O;』


🐯 「もしかして、俺に会いに来た?」


『うぅ……//』

🐯 「あ、図星か。笑」


『あの~ですね、、

今日退院するから、、』


🐯 「最後にここにって?」


『(。_。`)コク』







今ね、テヒョンの心臓からギュンって
聞こえてきたんだけど。
勘違いなのかな?





🐯 「ねぇ。」

『?』

🐯 「スマホ持ってる?」


『持って、、ます。』

🐯 「家督コーカンしよ。」



『(❁´ω`❁)』









あなたちゃん、嬉しすぎて
お返事してないのよね。
そしたら、テヒョン勘違いしちゃって。






🐯 「え、いや?」


『全然ッ!!』








っということで。
おふたりは交換したあと、
7時間お話して、
看護師に
怒られましたとさ。













next