無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

🥀🥀
2日後__









『テヒョンっ!!』





『あ、、れ、、』







なんかね、
あなたちゃん、久しぶりに
病院来て、テヒョンっ!!って抱きつこうとしたんだけどさ。
いなかったのよね。
荷物も全部なくなっちゃってるし。
もしかして、、、
っておもってるんだよね。あなたちゃん。
ばかかよってね。






『うっ、、泣』








🐯 「何泣いてんだよ笑」



『へっ!!テヒョンッ!!泣』



🐯 「どーも、久しぶり。」


『も~泣

しんだかとおもっちゃった~泣』


🐯 「ばかかお前。笑」


『ばかじゃないも~ん泣』



🐯 「『笑笑笑』」






チュ



『/// !?』


🐯 「もしかして、お初めてですか??笑」




『はっ、初めてじゃないもん!』


🐯 「でもそんなにてれるんだ~(¯v¯)ニヤ」


『うるさっ笑』











さっきね、あなたちゃんが
『初めてじゃない』
っていったとき、
テヒョンね、ちょっと残念だったのよね。
じ つ は。
かわいいっておもったのはわたくしだけです?







『退院するの??』



🐯 「あ、うん。する。」



『え、、テヒョンと会えなくなっちゃう?』


🐯 「いや、それはないでしょ。」



『じゃあ、どうやって会えるの、泣』



🐯 「俺はどんな手を使ってでも会う。」









わぁぁぁぁぁぁお。
池麺が言わないとときめかない
言葉だよね。
あぁ、うらやますぃい。←







そのときのあなたちゃんはというと。






『❁**(⸝⸝⸝ˊᗜ​ˋ⸝⸝⸝)❁**』





すんごい嬉しそうな顔。




『た、例えばどこ?』



🐯 「俺ん家とか?」



『ドキッ』


『私の家とか?』



🐯 「うん。」











ドキッ
だって笑
わたくしも
ドキッ
ってなりたいな、、←











あ、あなたちゃんが
『私の家とか?』
っていったときのテヒョンの顔は
こちら↓↓↓











※写真消えてたら、ごめんなさい🙇🏻









笑ってるような。
笑ってないような。
そんな感じ?笑
















next