無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

🥀🥀


チュンチュン🐦


朝ですよ、
あなたちゃんは学校ですよ、












『んんっ、』





なんか苦しかったから起きたあなたちゃん。
横を見るとね、、



🐯 「デンッ!!」






※写真消えてたら、ごめんなさい🙇🏻

(隣にいるユンちゃんはきにしないで)





って、変顔してる。
あなたちゃんに乗っかったまま。
でも、あなたちゃんは無反応。
テヒョン我に返って恥ずかしくなる。
それをあなたちゃんがいじる。






『テヒョンっ!もっかい!笑』

🐯 「もうやだ。絶対しない。」

『なんで~

可愛かったのに((ボソッ…』


🐯 「あ゛?かっこいいだろ?」

『すみませんかっこいいです(棒)』

🐯 「なんだよ、

めっちゃ棒読みじゃん、」

『ちがうちがうっ!

ほんとにテヒョンはかっこいいもんっ!』

🐯 「じゃあキスして?」

『え//』

🐯 「じゃーいいや。」



チュッ💋


『これで、、いいっ?//』

🐯 「ッ//

ちげーよ。」

『へっ?』

🐯 「本物はこっちだよ、」





今から始まるかと皆様おもいましたよね?
それがはじまらないんです。
なぜかって?
あいつだよあいつ。




🐴 「おっはょょょ!おきてるかぁぁぁい?」


🐯 「チッ またこんどな?」


『えっ、はっ、はい。』


ガチャ

🐯 「うっす、」

🐴 「お前あなたになにもして」

🐯 「してないです。」


🐴 「あなた、ほんとか?」


『しっ、しらな~い。』




いかにもあなたちゃんが
よそよそしかったから
ホビは勘違いしちゃっちゃったた。








🐴 「ナムジュン!」

🐨 「ん?」

🐴 「あいつらぜったいやった。」

🐨 「やった?」

🐴 「ヤっただよ。」

🐨 「ででででーーん」

🐴 「潰しに行くぞ。」

🐨 「Go。」←発音大事♡











next