無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🥀🥀







そしてね、数日後に
テヒョンがあなたちゃん宅に
おとずれたんどす!







ピーンホーン



『は~い!!』









ガチャ

🐯 「うっす。」

『あがってあがって!』

🐯 「おじゃましまーす。」



『ちょっとね、

リビングまだ汚いから、

私の部屋いってて!』


🐯 「あー、うん、」






ってよ。
テヒョンあなたちゃんの部屋の位置
知っとるんかい!笑←
















🐯 「(あー。あなたの匂いがする。)」








テヒョンかわいいかよて。←







『はい!お茶だけどいい?』


🐯 「お。あんがと。」


『なっ、なんか、、

ドキドキするね、、』


🐯 「そーか?」







あなたちゃんさ、
緊張して手汗やばいからさ、
わかりにくーいように洋服で
フキフキしてる。
テヒョンはそれを知らずに
「手、にぎろっかな。」
とか思ってる。






🐯 「あ。これ。」


『あ。これね、오빠達。』


🐯 「오빠いたんだ。」

『いるいる。

めっちゃかまってさんだけどね、』


🐯 「もしかしてシスコン?笑」

『なのかな、笑』

🐯 「笑笑」



『テヒョンも兄弟いるの?』

🐯 「いるいる。

くっそ塩だけど、」


『なんか塩憧れる♡

テヒョンとちょっとにてるかもね笑』


🐯 「わかんねぇけど笑」













こんな感じでゆったり。





してた所に











next