無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🥀🥀



ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポンピンポンピンポン
ピンポンピンポンピンポンピンポン
ピンポンピンポン
ピンポンピンポンピンポン




うわぁきもきも←


🐹 「やぁ、これはジョングギだぁ」

『やだ、開けないで。』

🐹 「ど~おし~てェ⤴」

『おっ、お願いします、、』

🐹 「わかったぞよ😘」

『やった!!』




🐹 「ジョングガ、その場で会話を

弾ませよーうの会。」

🐰 「は。」

🐹 「しりとり」

🐰 「りんご」

🐹 「ゴリラァ。」

🐰 「ラッパ。」



🐨 「近所迷惑だからジョングガ入れ、」

🐰 「(☝°﹆°)☝」






あなたちゃん、もう我慢の限界。
ゴロゴロしたかったのに。
だからテヒョンを呼んじゃう。
⇒すぐ来ちゃう🐯


ピンポーン


『(鳴らし方からちがうもん、)』


『はーい!!』

ガチャ

🐯 「ん、どしたん」

『あのねっ、リビングが

騒がしいから、テヒョンとのんびり

したいなぁって、、』

🐯 「部屋行こ。」




って現場を🐰←こやつが見てたんだくそ。




inあなたroom

『飲み物取ってくる!!』

🐯 「ん、」


🐯 「(やべ、理性保つ気がしねぇ、)」



ちなちな、あなたちゃんの
Girlsdayはとっくの前にfinishしております♡←



『おまたせっ』

🐯 「あんがと。」



『なに、、しよっか、笑』



ドサッ

🐯 「こーいうこと。してみる?」

『えっ?///』



ちょーっとチュッチュ始まった頃に






ドンドンガチャ

🐰 「バーーーーーン ジョングクとうじょーう」

🐯 「まじお前空気読めクズ。」

🐰 「はじまらないようにきたんだ☆」




ちょっとグクのち○びみえてる?笑←


※写真消えてたら、ごめんなさい🙇🏻








あーあ。まじジョングガ
クズだね。あなたちゃんも、
ほんと少しだけ期待してたけど←Mかて。





next