無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🥀🥀





🍒 「あなたの彼氏っていったら池麺だろうな~」


『んふふ笑』

🍒 「のろけないでよ~笑」


『できるだけ~笑』


🐰 「…」





さっきからずっと
チョンがしゃべらないんですけど。
周りからすごいあついがある。、




🐤 「ぐ、グク、、?」

🐰 「させる、、、(小声)」



🍒 「は?何言ってるのかさっぱり。」


🐰 「俺が認めない限り別れさせる!!」



『は。』





おぉぉぉっと!
普段あなたちゃんの口から
上のような言葉は出てこないのに!!
なんということでしょう!!
記念日だね。←




🍒 「え、意味わかんね、」


🐰 「意味はそのまんまだ。」


『ね。そんなこというなら






かえって?^^*』




🐤 「わ、、、こわ、」





🐰 「はい。いいません。( ˙-˙ )」



『👍👍』











inテヒョン病室前


コンコンコン

『失礼しまーす、』


🐯 「あ、あなた。

と、だれすか?」



🍒 「わ。池麺(小声)」


🐤 「それな。(小声)」


🐰 「こいつの彼氏。」







みんな 「は?」


🍒 「まじ余計なこというな。」


🐤 「違うからね!!」


🐯 「お、おぉ、、」




『あのね、私の友達。


テヒョンに会いたいって言うから、』



🐯 「あ、そーいうこと。」



🍒 「あ、はい。」

🐯 「えっと、キム・テヒョンです。」



🐤 「パクジミンです!」

🍒 「イムナヨンです、!」


🐰 「チョン・ジョングク。」



『み、みんなさ、た、タメにしたら、、?』



🐯 「んじゃ、そーいうことで。」















next