無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

🥀🥀




それである日。
あなたちゃんはお医者さんに
呼び出し?もらって、お話聞きに行く。


『ど、どうしたんですか、、???』



お医者さんと二人っきりだから、
ちょっとビクビクしちゃってる、
でもさ、2人ってこわいよね。
何言われるかとかわかんないし、




🏥👦🏻 「落ち着いて聞いてくださいね。」

『???』

🏥👦🏻 「キムさん。あなたは







゛急性リンパ性白血病 ゛







です。」

『へ?な、な、なんですか、それ、』

🏥👦🏻 「簡単に言うと、白血病です。」

『え、、』

🏥👦🏻 「早期発見だからよかったですよ。

100%なおるわけではないですけど、

90%は治る確率です。」

『 』

🏥👦🏻 「大丈夫ですよ。

まだ1段階目で、ガンも

全然進行してなかったですし。」

『じゃ、じゃあ、、』

🏥👦🏻 「はい。」

『が、学校に行けなくなるんですか、』

🏥👦🏻 「少なくても治療の期間はですね。」

『ふぇっ、泣』

🏥👦🏻 「辛いとは思いますが、

私達は最善を尽くしてキムさんの

命をお守り致します。」

『お、お願いします、、泣』





そのあと病室であなたちゃん
めっちゃ泣いたのよね。


ガラガラガラガラ






🍒 「あなた~!!って目、大丈夫?」





めっちゃ泣いたから目がパンッパンにはれて
るんです。何も知らない人からだったら
ビックリだよね。←


『な、なよちゃん落ち着いてね?泣』

🍒 「え、なになに気になる。」←

『私、白血病らしいの、泣』

🍒 「ん?はっケツ病?なんて?」

『゛白血病 ゛』

🍒 「え、嘘でしょ、???」

『ごめんね、嘘じゃないんだ、泣』

🍒 「あなた死ぬってこと!?」

『まだ1段階目らしいけど、

わっ、わかんないね、笑』

🍒 「な、なんであなたが、、泣」

『な、なよちゃん泣かないで、泣』




その後も2人は泣き続けてた。
오빠達とかジミンとかにも説明して___




※写真消えてたら、ごめんなさい🙇🏻






でもジミンの言葉が忘れられない、


🐤 「テヒョン???知らない笑」


あなたちゃんが寝てるとおもって
なよちゃんと2人で話してたんだろうね。



テヒョンどこいったの_______










next