無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🥀🥀







『あっ、、そうだ、、』


🍒 「ん?」

『グク、、なにかいってた、、?』

🍒 「あ~ グク?」

『うん、、、』

🍒 「グクなら心配ないよ😄

ごめんっていってたし。」

『ほんと?』

🍒 「ほんとほんと。

このナヨンが嘘つくとでも?笑」

🍒 「『へへへへへへ笑』」










朝からなかよしですね~



一方の男子軍はというと。










🐰 「ぅ、、会いにく、、」


🐤 「大丈夫だって。

そんなにあなたちゃんは

ひどいひとじゃない、!」

🐰 「そうだけどさ、、」






🐰の頭の中


『ふ~ん

グクって私の事

好きだったんだ( ≖͈́ ·̫̮ ≖͈̀ )ニヤァ』


🐰 「ぅ、」

『嫉妬でもしてたの、?笑』


🐰 「そ、そーです、、」

『ださっ笑』












🐤 「絶対にそれはないから!!

そんな人じゃない!!」


🐰 「だよね、、」




ガラガラガラ


🍒 「でねでね!」


『うんうん😊』


🐤 「おはよー」

🍒 「はよんよん」


『おはよ😊』

🐰 「……」


『グク、、おはよ?』


🐰 「!? ///」









いや、てれるよね笑
だってさ、天使のようなあなたちゃんがさ、
下から覗くんだよね顔を。

ん~。
皆さん目線だと、
グクが可愛い笑顔で下から覗く感じ?







やーばいよね。
鼻血出じゃう。←







next