無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第44話

🥀🥀




今日もあなたちゃんは夢の中_____




コンコンコン


ガラガラガラガラ


『ンンッ、』

〇 「ごめん、」



パサッ

〇 「大好きだよ、」




『ちょっと待ってっ!!』

〇 「!?」

『テヒョンっ!!』

🐯 「やっぱバレてたか、笑」

『なにそれ、』

🐯 「ごめん。」

『カトクみたっ!?泣』

🐯 「みてない、」

『もうっ、、泣』

🐯 「どうしt」

『どうしたじゃないっ!!泣

私白血病なのっ!!泣』

🐯 「え、、?」

『倒れた理由、白血病だったの!!泣』

🐯 「う、うそだろ、、」

『嘘なんてつかない、、泣』

🐯 「は、、、おれ最低だ、、」

『え、なんで、、?泣』

🐯 「なんでって、」

『ちゃんと来てくれたじゃん!!』

🐯 「俺はあなたが意識ないとき!!

引越ししてたんだよ!!」

『え、、?笑』

🐯 「俺って最低だよな、、」

『て、テヒョンおもしろ、、笑』

🐯 「は、?」

『そんな、責めなくても、笑

きてくれたんだしっ😊』

🐯 「まじお前、、」



ギュッ

『ふぇっ//』

🐯 「可愛すぎるだろ、、」

『し、心臓に悪いよっ』

🐯 「俺もあなたがいるだけで

心臓に悪いけど?」

『へ?へ?』



あなたちゃん、
いっぺんに色々ありすぎて
頭の上はてなばっかり。


🐯 「とりあえず。早くなおせよ?」

『うんっ!』


『テヒョンっ、』

🐯 「ん?」

『好きっ、大好きっ、』

🐯 「ほんとにさ//」


チュ


『///』

🐯 「はやく治してな。

あなたの腰壊す。」

『え、』


🐯 「👋」

『😊👋😊✋』




なんかハッピーエンドだね。
(endちゃうよ)





next