無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

🥀🥀




,








…



🍒 「なっ、なにかしゃべろーよ!」




🐤 「そうだね!喋ろ!」


『あ、そうだ。』


🐯 「ん?」


『テヒョンって、

どこの学校、?』








🐯 「いや俺さ、








学校行ってない。」



🐰 「え笑 不登校?笑」


🍒 「ちょ、グク。」


🐯 「色々と事情があんだよ。」


『そーなの。

じゃー、いつでもあえたり、、


できる、、???』


🐯 「/// できるけど、」


『えへ笑』


🐰 「まじここでいちゃつくな。」



🐯 「ここ俺の病室だけど?」


🐰 「でも俺らの前でしなくてもいーじゃん?」


🐯 「そんなんいってるのお前だけだけど?」

🐰 「言ってないだけだよ考えろ。」


『ちょ、やっ、やめよっ』


🍒 「そうよ!グクもなんでそんなにo」

🐰 「おこってねーから。」







ガラガラガラ



グク、なんかムキになって
病室出ていっちゃったの巻。
これからどーするんだろ、



『ぅ、、』


🐯 「ごめ、いいすぎた、」


🍒 「テヒョンくんは悪くないよ~」


🐤 「僕達が急にきたわけであってさ、」


『……』


🐯 「いや、俺が、」


『泣』

🍒 「あなた、」


🐤 「そろそろ帰ろう、」

🍒 「ごめんね、テヒョンくん。」


🐯 「ごめんって、グクにも伝えてて、」


🐤 「おっけ。」








next