無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

🥀🥀




(あなたsideだよ)



コンコンコン

ガラガラガラガラ

『あ、なよちゃん!!』

🍒 「やっほ~」

『テヒョン、どうだった?』

🍒 「たぶん家から1歩もでてないですねぇ。」

『ん~ 』

🍒 「やっぱあの人が浮気は似合わないわ。」

『え?』

🍒 「だって、あのやつが浮気だよ?

吊り橋効果かて。」

『ふふ笑 そうなのかな、』

🍒 「浮気してたらうちが

ころs」


ガラガラガラガラ

🐯 「浮気なんてしてないけどあなたさん?」

『て、テヒョンっ』

🐯 「だから言ったでしょ?

引越ししてたって。」

『ひ、引越しでもスマホは見れる、』

🐯 「あ~ 勉強かねて、電源切ってる。」

『れ、連絡してよ、、、』

🐯 「ごめんごめん、 」







この頃からかな。
なよちゃんがあなたちゃんに対して
ちょっと変化を感じてたのは。





次の日____




🐨 「あなた、勉強大丈夫?笑」

『ちょ、わ、笑わないでっ』

🐨 「ごめんごめん笑」

『ん~』


ダーン

🐹 「やぁやぁ愛しのあなたちゃんよぉ!!」

『げ。』

🐰 「ヒョンまってよ、」

🐹 「あぁごめん。

でも、足の速いジョングクよりも

速かったから、愛の強さは♡」

『わ、私寝ます、、』

🐰 「ヒョン嫌われてんじゃね?笑」

🐹 「え!? き、嫌われてるのか!?」

『き、嫌ってはない、、かな。』

🐹 「か、かなって!

想いが曖昧じゃないかぁ!!」

🐨 「ジンはロマンチストすぎて

あなたに合わないんだよ。」

『あ、そうです、』

🐹 「それはいいこと?」

🐨 「いいこと。」

🐹 「うわぁ~い⤴」






🐨 「あいつ馬鹿じゃね?」

『ふふ笑』

🐰 「いつもあんなだから体力の限界。」

『お疲れ様です、』

🐰 「あら♡ どうも♡」






いやお前はいつから
それを食べていたんだ。
(わいにも1個。)






next





――――――


そーそ。

なんかね、新しく更新されたやつが

プログラムの前にいくやつがあるのよ。

更新されたのにないっておもったら、

1番したみてみてね☆