無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

🥀🥀



あなたちゃん、
放課後病院に行ったのよね。
誰に会いにっていうのは
あえて言わないでおく。









『テヒョン、、』











さっきからこればっか言ってるからさ、
いろんな人に変な目でみられてるのよ。



やっとの思いでテヒョンの病室についたんだよね。
でもね、、













🐯 「いや笑 」


👸🏻 「もー。笑 冗談やめてよ笑」













っていう楽しそうな声が聞こえてくるから
入りずらいんだよね。
気を使って帰ろうとしちゃう。







🏥👩 「あ!あなたちゃん!

どうしたの?」


『あ、や、、何も、、』

🏥👩 「あ。テヒョンくんか!

今すぐGO!」



『ちょっ!!』



トコトコ



🏥👩 「テヒョンくーん。あなたちゃん!」


🐯 「あ?あなた?」


『チラ こっ、こんにちは、、』


🐯 「よっ。」


🏥👩 「あなたちゃんと話さないの~???」


『やっ、彼女さん、、でしょ???

私のこととか気にしないで、

もう帰るから!』









👸🏻 「ぶっ笑笑 彼女って笑」


『へっ?』


👸🏻 「私はテヒョンのおば!!笑」


『え、、、』

👸🏻 「これで安心でしょ?笑

ってか、私、

そんなに若く見えるのね★」



🐯 「お、おぉ、」



👸🏻 「じゃ、邪魔者達は去りマース!!」




🏥👩 「ばいちゃ~」












next