無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

🥀🥀




あ。で。チョン達は帰ったからね?
(窓拭き清掃員も、チョンにさせて)



🐯 「(ㆆ_ㆆ)」

🐨 「あー、えーと、

僕らもちょっとでかけてくるかー。(棒)」

🐴 「え、え、え?」

🐨 「ホソク行くぞ コソ」

🐴 「な~んで~」







空気読んだ優しい優しいおっぱ達だね。
はいここで。二人きりになっちゃったから
玄関でテヒョンしぃーの性欲爆発。



🐯 「チュッ」

『ッ!?///』

🐯 「やべ、多分止まんねぇから、」

『へっ!?///』



そのまんまあなたちゃんの部屋の
ベットi-n。startしちゃうわけー。





『テヒョ、///』

🐯 「何、」

『오빠達帰ってきちゃうッ///』

🐯 「俺はみられながらでも

あなただから別にいいけど?」

『よくないッ!!//』


『でもッ///』

🐯 「でも何っ、」

『好きっ、大好きっ、』

🐯 「俺は愛してる、」

『んんッ//』

🐯 「腰殺すつもりだから。」

『やッ///』




この2人오빠達が帰ってきてるの気づかずに
第3ラウンドまでいっちゃったんだよね←
どんだけテヒョナは欲がたまってたんだーよ。






Tomorrow




『うっ、腰が、、』

🍒 「どした?」

『腰が痛いぃ、、』

🐯 「腰殺すっつったろ笑」

『テヒョンいじわる、、』

🐯 「笑」


🍒 「え、もしかして。」

『///』

🍒 「だァァァァ。」

『ごめんなさいぃ、』

🍒 「もう高校生だもんね、

よし、うちも今年中にやる、」←




なよちゃん謎の決心。





next