無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

次の日
次の日教室に入って
あなた

奈々花ちゃんおはよう!

奈々花
無視
あなたの気持ち
あれ、どうしたんだろ?あ、そうだ昨日奈々花ちゃんに帰ろって言われて断ったから、怒ってるのかなぁー
有岡大貴
おはよ!
あなた

おはよ!

有岡大貴
どうしたの?
あなた

いやいやなんでもない

山田涼介
そんな顔してないけど?
あなた

わ、山田くん?

山田涼介
話そらさないで、なんかあった?
あなた

いや、昨日奈々花ちゃんに帰ろって言われて断ったから怒ってるみたいで!

有岡大貴
え、そうなの?
女子
なにあの子、あの二人に心配されて、あ、いいこと考えた!
女子
おーいあなたちゃん!
あなた

なーに?

女子
放課後体育館倉庫に来て!
あなた

あ、うんなんで?

女子
先生たちに道具運んで欲しいって言われてて!
あなた

おっけ!

有岡大貴
だったら、俺もいく!
女子
いや、いいよ、先生女子にお願いしてたからさ!
有岡大貴
そうなのか?じゃああなた校門で待ってるな!
あなた

え、あ、うん

放課後
あなた

あれ誰もいないなぁー

女子
あ、来たんだ!
あなた

もちろん!

女子
ねえなんであの二人と仲良くしてるのよ!
ドサあなたを押す
あなた

つ、

女子
それに、奈々花はもともとお前とは仲良くしたくないんだよ!
あなた

え、それほんと?

奈々花
当たり前だろ!あの二人にちらほらされるお前なんか死ねばいい!
あなたをける
あなた

いった!

あなたが気絶中に体育館倉庫の鍵をかける
10分後
あなた

あ、ここどこ?

あなたの気持ち
あ、そうか、ここは、体育館倉庫だ、あ、早く出なきゃ、大ちゃんたち待ってる絶対!
あなたの気持ち
あれドアが開かない、最悪、学校なんか来なければ良かった😢
二時間後
ガタガタカチャ
あなた

なに、おばけ?

有岡大貴
な、訳ないだろ!ってお前その傷どうした?
有岡大貴
もしやあの女子!
あなた

あ、うんそうだよ!

山田涼介
サイテ信じられねえ!
有岡大貴
もう大丈夫だからね!
あなた

うん、😢

山田涼介
どうする、明日から
有岡大貴
そうだね、
山田涼介
あいいこと思いついた!
あなた

……………………………………………………………………………………………………………………………………
二人の考えた作戦とは?
次回お楽しみに!