無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第2話

いち
あなたside

私、大橋あなたは、


担任教師に恋をしている、



『せんせ〜、おはよ〜』


中「おはよ〜じゃなくて、ございますつけろ〜、」


『ええやん、(笑)』

中「良くないわ!」

道「朝から、2人とも仲ええですねぇ〜、」

「『仲良くないで!?』」

道「ハモってますやん!!(笑)」

で先生と話終わったあと↓↓↓

道「なー、どんだけ好きなん、先生のこと。」

『ええやん。』

道「ええけど。(笑)」

『あ、なぁ、駿は、恋してへんの?』

道「してるけど、叶わへんし(笑)」

『そんなん、あなただって、叶わんで~?』

『だって、先生と生徒、禁断やろ?(笑)』

道「俺は、禁断とかじゃないけど、好きな人が振り向いてくれてへんからなぁ、、(笑)」

『え、そうなん、??駿イケメンやから、いつか、振り向いてくれるって、その人。』

道「そうかな、、?(ほんまは、あなたやねんけどなぁ、、)」