無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

1
enn  sidi
突然やけど私らの家庭はかなり独特。
まあ、大人数っていうのもなんだけど1番は
8人中5人の血が繋がっていないこと。
理由はこたつ、私の旦那と一緒に理由を話すと
長くなるから今は置いとくけど施設を
見に行くことにしたの。
そこで出会ったのが
ちっちゃなゑむ氏、音羽、タロー。
そこで3人て一緒に暮らすことにしてまた数年後に
施設を訪れたらアマリザとわかゔぁがいた。
それで暮らしも安定してきたから
あみかを産んだって言う訳。
話は変わって今は朝。
リビングがジャングルよ、もうね。
enn様
あんたらぁ!
うるっさいねん、日曜なんやから
寝させてやぁ
そう1階のリビングに向かってその1階に繋がる
階段付近の2階から声を出せば
ピタッと音はなくなる。
はぁ、ホンマ。いつも元気元気……。
怒られるのわかってるのなら静かにしてよ……。
ため息をつき1階へと降りればテレビ前の
ソファに綺麗に並ぶ、手前から順番に
音羽、タロー、アマリザ、わかゔぁ、あみかの姿。
enn様
あんたら、あみかはともかく
音羽とあんたタローは高校生やろ?
タロー社長
高校生?
それって差別じゃないんですかぁ〜
頭を抱えるあたしに追い打ちをかけるように
タローが言うとその一言を皮切りに騒ぎ出す5人に
ホンマ疲れるってぇ……と心から思う。
enn様
今何時だと思ってるん?
音羽
ごぉじぃーあははっ
enn様
あんたら
それ以上騒いだら
わかっとるんやろな?
ソファの肘置きに干された布団みたいに
デロンとした姿で言うから怒りは増すわけで
ついドスの効いた声になってしまった。
ホント、あの頃の可愛さは何処へ………。
あみか
ママ、怒らんで?
あみかな、ママに
言いたいことがあんねん
トテトテとまだ可愛らしい足を必死に動かして
こっちに走ってくる姿につい口角が
あがってしまう。
やってめっちゃかわいいやん。
タローとかが『末っ子だからってぇ』とか
『血が繋がってるからー?』とか言ってんけど
まあ、無視でええか。
やっとのことでたどり着いたあみかがあたしの
腰よりも低い位置にある頭を上げて
クリクリとしたお目目で言う。
あみか
あみかな、ペリペリしたくて
はやく起きてん!
enn様
ペリペリ…?
わかゔぁ
あれのことちゃう?
わかゔぁが指さした方に目を向けるため
くるっと回るついでにあみかを抱き上げてんけど
意外と重いねんなぁ。
まあ今年で4歳やもんな……成長って
やっぱはやいなぁ。
アマリザ
あー、カレンダー?
そういや今日4月1日やんな
enn様
カレンダー変えたかったん?
あみか
んう!
大きく頷くあみかの幼さに癒されとったんに
ソファのほうから聞こえてきてんなぁ……。
enn様
音ちゃんー?
音羽
ん?
あみかの可愛さに
打たれただけ…っすよ?
タロー社長
めっちゃ大きい声で『ゔっ!』
言うたよな?w
あみか
あみかも聞こえた〜
ピンクのキラキラとしたビーズが舞ってる…
って思えるくらいキラキラしとる笑顔を見せながら
ピンッと腕を伸ばしてみんなに伝えるあみかは
そりゃーかわいいよ?
でもな、こういう時に限ってしちょうんよ……
48
ゔっ!
(あみか、ゑむ氏。、こたつ以外)
うちらのおふざけかっこ 低レベル かっこ閉じがな…
つい私ものってしもうたは。
あみかポカンってしとるがな。
日曜の朝5時というのに騒がしいリビングに
水を差す…は違うかもしれへんけど声を出したんは
まだ寝ていたはずのこたつ。
こたつ
誰ー?うっさいでー?
enn様
ごめーん!
とりあえずあみか
寝かせるん手伝ってくれへん?
ドンドンとゆっくりと降りてきているであろう
音をきき終えると引き戸をガララと開ける音がして
カレンダーから少しだけ目を移せば
眠そうな半目で棒立ちしているこたつ。
アマリザ
あみか寝させるん?
enn様
そりゃそうやろ
あみかはよ寝させんと
今日の昼、夜に
はよう寝ちゃうやん
そしたら明日も
起きるんはやなるもん
こたつ
……せやなぁ…
あみかぁ…パパと寝よー?
あみか
ペリペリしてから!
私のスウェットのパジャマを小さな手で弱い力で
掴むあみかに『行きたくないねんなぁ』と
喉まできた言葉を無理矢理おしこみ
カレンダーのとこまであみかを連れてって
去年家族で撮ってカレンダーにした、
その中の3月の写真は4月に変わった。
用事がびっしりと書かれた3月の紙と同じように
4月にもたくさんの出来事をください、
私達の愛する子供たちへ。
いや、私の愛する家族へ。