第6話

💌
side仁科
広瀬 光太
広瀬 光太
緋月帰んないの?
光太がこちらに来て聞いてくる

俺と光太は親友っていう関係で

いつも一緒に帰ってんだけど…
仁科 緋月
仁科 緋月
わり 今日は先帰ってて

断った
広瀬 光太
広瀬 光太
?

光太が不思議そうな顔をした
仁科 緋月
仁科 緋月
ちょっと先生に呼び出しくらって
広瀬 光太
広瀬 光太
そーゆーこと 了解

そう言って光太は鞄をもって教室から出ていった

俺はしばらく光太に手を振っていた










仁科 緋月
仁科 緋月
さてと…
仁科 緋月
仁科 緋月
屋上に行きますか

時刻は16時20分






誤解を解きに…
仁科 緋月
仁科 緋月
ふぅ 屋上って地味に遠いよな

ふと時計を見ると16時半

さすがに帰ったかな


でもなぁ…
仁科 緋月
仁科 緋月
んー…



俺は決心し 屋上へ続く扉を開け放った