第4話

🍀3
99
2020/05/18 14:11
主
主
てかこれずっとsideがねぎさんなんだが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
sideねぎりょー。
もち
もち
まってまってまってまってあああああ‼︎‼︎
ねぎりょー。
ねぎりょー。
wwwwwwうるせぇwww
フレント
フレント
まってやばい!…アッ…
村上チハヤ
村上チハヤ
ねーそれはダメだって!ww
え〜、みんなで楽しくぷよテトをやってるわけですが…www
もち
もち
なんか今日ねぎ冴えてんなぁ〜!ww
ねぎりょー。
ねぎりょー。
俺はいつも通りだからwお前らがいつもより弱いだけw
村上チハヤ
村上チハヤ
でたよw
フレント
フレント
え〜でも今日のねぎさん強いよ?w
ねぎりょー。
ねぎりょー。
そお〜?w
村上チハヤ
村上チハヤ
ぅっ…!?
ねぎりょー。
ねぎりょー。
ん?チハヤどうし…
何かと思ってチハヤを見ると、顔を真っ赤にして体を震わせていた。

まさか…ヒートきた…!?
ねぎりょー。
ねぎりょー。
チハヤ!?
村上チハヤ
村上チハヤ
まっ…ねぎさっ…!////
ねぎりょー。
ねぎりょー。
大丈夫!?とりあえず向こうの部屋行くよ!
村上チハヤ
村上チハヤ
ごめっ…!///
チハヤの腕を掴んで、トイレに逃げ込む。
村上チハヤ
村上チハヤ
ひぁっ…!////
ねぎりょー。
ねぎりょー。
大丈夫!?
やっぱり匂いする…こんな急に…

俺も気をつけなきゃ…
村上チハヤ
村上チハヤ
大…丈夫…っ…///
狭い個室に半端無理矢理2人入って、とりあえずチハヤを便座に座らせた。
ねぎりょー。
ねぎりょー。
薬は?バッグにある?
村上チハヤ
村上チハヤ
うん…っ…//とってきて…っ…!///
いったん薬を取りに部屋に戻る。

多分バッグに入ってるだろうし…
フレント
フレント
!ねぎさんっ…!
ねぎりょー。
ねぎりょー。
ちょっとまって!薬取りに来たから、後で話す!
フレント
フレント
はい…っ
とりあえずバッグごと持ってくか…
廊下はほんとは走っちゃいけないよ!
ガチャッ
村上チハヤ
村上チハヤ
ねぎ…さっ…!////はやくっ…!////
ねぎりょー。
ねぎりょー。
こんなか入ってるでしょ!?とりあえずこれ渡すから!
村上チハヤ
村上チハヤ
ありがとう…っ…ございますっ…///
チハヤはバッグの中を漁って、薬を取り出した。いや直で入れてるんかい。
ねぎりょー。
ねぎりょー。
じゃあ…もう大丈夫?落ち着くまでここにいていいから…
村上チハヤ
村上チハヤ
ねぎさっ…///ありがとう…っ…////
涙目になりながらも感謝してくれるチハヤに、少し微笑んでトイレから出た。
フレント
フレント
ねぎさん!?チハヤは大丈夫だった!?
ねぎりょー。
ねぎりょー。
多分大丈夫。今薬飲んでるから、落ち着くまでまってて。
フレント
フレント
…よかった…
もち
もち
無事ならよかった…
ねぎりょー。
ねぎりょー。
びっくりしたよ…ほんと…
フレント
フレント
そっか…ねぎさんもβだから大丈夫だったんだ…
ねぎりょー。
ねぎりょー。
っ…うん。ほんと無事でよかった。
仕方ない。まだ親以外に知らないんだから。
ねぎりょー。
ねぎりょー。
でも、もちは大丈夫だった?αなんでしょ?
もち
もち
その辺は大丈夫やで。
ねぎりょー。
ねぎりょー。
ならよかった…
もち
もち
…あと、服に匂いちょっと付いてんな。
ねぎりょー。
ねぎりょー。
え?ほんと?クンクン
た…確かに…
ねぎりょー。
ねぎりょー。
ちょっとファブってくるわ。
フレント
フレント
は〜い。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
主
主
今回もここまでな。
主
主
まさかの展開じゃなかった?w
主
主
バイバイ👋

プリ小説オーディオドラマ