無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ついにその日が!
ついに、楽しみにしていた少クラの収録日が
来たー!!
ちょうどその日は、King & Princeの
シンデレラガールが初披露される日だった。
ついに始まる!!
河合:それでは、King & Princeで
シンデレラガールです!!
平野:君は シンデレラガール…


はぁーやっぱりかっこいい!
こんな時間がずっと続けばいいのに…
でも、楽しい時間はそんなに続かない。
私は、終わったあとも余韻に浸っていた!

しばらくして、会場をあとにした。
私は、あまりの嬉しさにぼーっとしていた。

ブブー
私は、はっとした。
ぼーっとしている間に道路に出ていたのだ。
あまりの急なことに体が動かなかった。
?:危ないー
私は、誰かに助けられたのだ
私:あ、あのーありがとうございます
私は、助けてもらった人にお礼を言った瞬間
驚いた…