無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

モデル
私は、新米のモデルとして、小さな活動ながら、一生懸命行っていた!!
雑誌のオーディションにも
合格して、しばらくすると、表紙も飾れるほどになっていた。
そんなある日、私は、ある企業のポスターの モデルとして採用された。
しかも、大手の企業のため、ポスターが
色々な場所に貼られていた。

私は、雑誌での人気ぶりや
このポスターのお陰で、テレビ出演が決まったのだ!!


テレビ出演当日
私
はぁー
緊張するな…
阿部
大丈夫だよー
そんなに緊張しなくて
阿部
今回は、Sexy Zoneさんとの共演だもんね
私
私なんかが…
阿部
大丈夫だよー
○○ちゃんは、もう随分有名だから!
自分で思うのもなんだったが、
確かに私は、ある程度有名になっていた。
テレビのオファーもたくさん来ていたが
最初にSexy Zoneさんを選んだ理由は、
もしかしたら、King & Princeにも会えるんじゃないかという思いからだった
私
Sexy Zoneさんに挨拶しに行ったほうがいいですよね!
阿部
もちろん!
Sexy Zoneの楽屋では…