無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

404
2021/02/07

第3話

2話
こ「ジェルくんおはにょーん」
「おはようございます…」
こ「敬語外そうね?( ˆ̑‵̮ˆ̑ )」



「あ…おはよ!」




こ「それでよぉし」
こ「朝ごはん食べよー」
「…いいの?」
こ「いいよおおおおおおおおお」



「うるさあああああああ」



こ「んへへ‪w‪w」



「…( ˙-˙ )」



こ「(´・ω・`)」





































































「朝ごはん…これなに?」



こ「ん?カップラーメン」



「かっぷ…?」



こ「あ、そっか知らないのか」
こ「ラーメンはわかる?よね?」



「はi…うん」



こ「それのレトルトみたいなやつ」




「レトルト…?」



こ「…うん、まぁとにかくラーメン!食べてみぃ!」



「あ、はい…((」
「…もぐもぐ」
「…………………………………」
「お、おいしい…✨」
「まって、感動」
「…もぐもぐもぐもぐ」



こ「落ち着いて食べて‪w‪w」
こ「それはね、吸うものなんだよ」



「吸う…?」



こ「そう、ずるずるーって」



「…ずる…ずるずるっ…」


こ「そうそう」



「んへ、おいしい」




こ「それはよかった」




































こ「ちょっと僕出かけてくるねー」




「はぁい」




こ「あ、あそこの突き当たりの部屋には絶対入らないでね」



「んぇ?あ、うん」
「なんで?」



こ「秘密ー」




「ふぅん(´- ̯-`)」




こ「じゃ、いってきまーす」




「いってらー」

















そんなの、みたいに決まってるやん

俺そういう性格だからしゃーないよな、うん()


ちょっと…ちょっとだけ…
ガチャ…



































「…」









「……」











「………は?」











その部屋には、明かりのない部屋に不気味に光っているパソコンと、いつ撮ったかもわからない
俺の写真が、たくさん貼り付けられていた





「ゾワッ…」




寒気がした

親に殴られてる写真
泣いている写真
登校中の写真






…誰にも言わず秘密だったスライムを作っている写真






なんやこれ

めっちゃ怖い

なんでこんな…


















ガチャッ


こ「ただいまー」
こ「携帯忘れちゃった‪w‪w…って…」



「あ…ごめ…なさッ…」



こ「あーあ。バレちゃったか」






------✂︎キリトリセン ✂︎-----



うっへへ()


ちなみに、スライムを作っている写真っていうのは
ちょうど作者の目の前にスライムが置いてあったからです()