無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

東海オンエアとお風呂に入ってみた。♡
作者
作者
お誘いからです。入浴は後編で笑。
(なんか恥ずっ)
てつやVer.
『てっちゃーん』

て「ん?」

『一緒にお風呂はいらん?』

て「え、あ、いいけど」

『嫌ならいいんだよ?』

て「そういう事じゃなくてですね?あなたさん僕は男ですよ?そういう事言うことは誘っr」

『じゃあいいや、』
《戸惑いの隠せないてち。》
て「待ってって!あなた!一緒に入るからあー」
しばゆーVer.
『ねね』

し「ん?」

『一緒にお風呂入らん?』

し「うん、いいよ?」

『え?いいの?』

し「え、いいよ?」

『え?いいの?』

し「え、いいよ?」
《彼にとってはなんとも思わない様です。》
し「え、いい以外なくない?」
りょうVer.
『りょうくん?』

り「何?」

『一緒にお風呂入らない?』

り「え、わからんわからん笑なんで?」

『え、一緒に入りたいから。』

り「じゃ、入ろ」
《それはりょうやん》
り「え?あなたが一緒に入りたいって言ったんでしょ?ニヤニヤ」
としみつVer.
『とーし君っ』(後ろから抱きしめる)

と「え、くん付け笑」

『だめ?』

と「いいけど」

『一緒にお風呂入らん?』

と「え、自分で何言ってるかわかってる?」

『うん、としみつと一緒にお風呂に入る。』

と「え、そういう事でしょ?一緒にお風呂入るって事は」

『うるさい…///』

と「お前可愛すぎんか」
(正面で抱き締める)

『で、ダメ?お風呂?』

と「いいに決まってるやん。」
《え、かっこよ。そして素直。》
と「マジで言ってるよね?///」
ゆめまるVer.
『一緒にお風呂はーいろっ』

ゆ「何?前触れもなく笑」

『なんか一緒に入りたいからさ笑』

ゆ「え、いいよ?でも体見ちゃうよ笑」

『言わんでよ笑』

ゆ「それでもいいならいいですけど」

『じゃ!LETS!お風呂場!』

ゆ「今日は随分ご機嫌だね笑」
《あなたさんにリードされるゆめまるサンでした。》
虫眼鏡Ver.
『虫さーん!編集終わった?』

む「終わってるよ〜」

『お風呂入らん?』

む「あ、いいよじゃ先入ってて〜」

『はーい』
《毎日っぽいです。》
む「あなたおっ○い大きくなった?」
作者
作者
前回も同様虫さんのファンの方すいません🙏
そしてやっぱり推しのVer.だけやたら長いのもすいません笑