無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第5話

東海オンエアにいきなりチューしてみた。
てつやVer.
『てーちゃん』
て「んー?」(スマホをいじりながら)

チュ

て「?!あなた?」
『んー?』(スマホをいじりだす)
て「ねぇ!悪かったって!」
『そうかそうか、わかってくれたか、さ、ご飯つくろー』

チュ

て「お返し」
『ご飯なしね』
《この後てつや氏はとんでもない発言をします。》
て「いいもん、あなた食べるから😶」
『?!』
しばゆーVer.
『しばゆー?』
し「んー?」

チュ

し「なに、甘えたなんですか?」
『はい、とても』
し「もう、かわいいなあなたちゃんは」
『柴田もかっこいいよぉー』
《え、ほのぼのとラブラブの両立》
りょうVer.
『りょうくん編集お疲れ様』

チュ

り「今日はそういう日なの?笑」
『そういう日〜笑』
り「そうかそうか」

ナデナデ
《あなたさん、あなたりょうさんのペットですか(?)》
『もっと撫でて!』
り「いつまでやるの?笑」
としみつVer.
チュ

と「え、ちょっとお姉さん?」
『何?』
と「どうしました?」
『キス…したかったから』
と「素直に言ってください笑」

あなたの頬にとしみつの両手に包まれる

と「ジーッ」
『?…///』

チュ
《それは反則ですよ?としみつさん》
と「こっちの方がドキドキするだろ…?」
(口元を腕で隠しながら)
ゆめまるVer.
『ゆめさん、ゆめさん』
ゆ「なんだい?あなたさん」

チュ

『プレゼント』
ゆ「それは反則やーん」
『えへ笑』

チュ

『ゆめさん反則ですよ!』
ゆ「これでおあいこ笑」
《なんですかこのほのぼの感》
虫眼鏡Ver.
『虫さんチューしたい』
む「あと少しで編集終わるから待ってくれ〜」

数分後

『終わった?』
む「どうぞ僕を好きなようにしてください」
『やったぁ〜』

チュ

む「いきなりだね笑」
《虫さんはあなたとイチャつくのがご褒美っぽいですね(?)》
作者
作者
久しぶりの更新ですね!
今回は珍しくふざけなかったのではないでしょうか(それが当たり前です)