無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

東海オンエアと一緒にお風呂入ってみた♡
全部湯船に浸かってる設定
てつやVer.
後ろから抱きしめながら

て「あなたって割と小さいんやね」

『てっちゃんがでかいだけだよ笑』

て「でもさ、おっ○いはでかいよな」

『どこ見てんだー』

て「別にいいやん笑」

沈黙

て「あなた」

『ん?』(振り向く)

チュ
『?!』

て「あなた好きだよ…」

『てっちゃん顔が赤いよ』

て「のぼせてるだけ笑」

『てっちゃん耳貸して』

『てっちゃんうちはてっちゃんのこと愛してるよ。』
《余計顔が赤くなったてっちゃんでした。その後はご想像にお任せします😁》
て「もう我慢出来んわ」
プチッ
しばゆーVer.
『しばゆーってすぐ顔赤くなるね笑』

し「いいでしょー(?)」

『うちあんまり顔赤くなんないのよね〜』

し「へー」
(*'ε`*)チュッ

『え?!』

し「赤くなるやん」

『そりゃあなるよ!』

し「怒んないで〜アイス買ってあげるから〜」

『怒ってないけど、怒ったってことにしとこ』
《アイスGET🍨あれが自然にできるのは優男(?)》
りょうVer.
り「なんで正面で笑」

『だって顔見たいんだもん』

り「恥ずかしいからやめよ?」

『りょうが珍しく照れてる〜』

り「誰だって照れるわこれは。」

『やめませーん』
チュッ
り「まだやめない?」

『すいませんでしたー』

り「はい、いいこー」
ポンポン
《スマートやなぁ(CV:今田耕司)》
り「あなた髪乾かしてあげるー」
としみつVer.
と「…」

『…としみつって温かいね』

と「あ、そう?お風呂だからか?」

『としみつ?』

と「ん?」

『好きだよ?』

と「そっか俺はあなたのこと愛してんだけどなー」

『じゃ、私もとしみつのこと愛してる』

と「ありがとな、」
(あなたの肩に顎をのっける)
と「お姉さんこの後どうします?」

『へ?え、っとその…』

と「なんですか?」

『アイス食べたいです』

と「…ばか」

『何が?え?何?なんかした?私?』

と「そっか…おじさんが大人を教えてやるよ」
《この後どうなってしまったのでしょうか…》
翌日
と「張り切りすぎた、腰いてぇ笑」
ゆめまるVer.
『ゆめまるまた太った?笑』

ゆ「そんなこと言わんでよ〜笑」

『2人とも段々太ってきちゃった笑』

ゆ「あなたの料理が美味しすぎるからだよ笑」

『ありがとう!』

ゆ「風呂上がったらビールでも飲みますか!」

『そうだね!』
《え、幸せ全開》
虫眼鏡Ver.
『虫さん、いつもとポジションチェンジしよーよ』

む「?まぁいいよ」


『なんか虫さん小さく感じる笑』

む「だとしたらあなたはもっと小さく見えるやん笑」

『なんか好きになっちゃいそ』

む「え、僕のこと嫌いだった?笑」

『違うって〜』

『そういえばビール買ってきたよー』

む「あなたって神?」
《ルンルンな虫さんでしたーしかし…》
む「あなた?僕アサヒしか飲めないんだけど?」

『あれ?エビスじゃなかったっけ?』

む「バカァー」
作者
作者
どうでしたか?笑
毎度の様に虫眼鏡いじりをかます私をどうか嫌わないでくださいまし。