無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

東海オンエアのペットになった。
てつやVer.(あなたは🐱)
て「ただいま〜」

『にゃ〜』

て「お迎えに来てくれたん?かわいいな」
《あなたさんに夢中で編集が遅れます。》
て「あなた大好き!」
しばゆーVer.(あなたは🐶)
『くぅん』

しばゆー「?、あ、かまって欲しいのか、よしあなた着いてこい!」

『わん!』
《何故か彼自身も犬走りをして、追いかけっこをしてくれます。》
し「俺疲れちゃったよもう笑、犬ってすげぇ」
りょうVer.(あなたは🐶)
りょう「はい、ご飯だよ〜」

『ムシャムシャ』

り「ふふ、かわいいな〜あなたは」
ナデナデ
《ベタ惚れのめっちゃ撫でてくれそう…》
り「やば、彼女出来なくなるわ俺」
としみつVer.(あなたは🐶)
あなたとしみつの周りをウロウロ

としみつ「…なに、かまって欲しいのか?」
ナデナデ

としみつ寝室へ

と「ずっと着いてくるやん、そんなに俺の事好きだら?」
ナデナデ
《としみつさん着いてくるのめっちゃ喜んでそう笑》
としみつ「あなた一緒に寝るか?」
(布団をめくりながら)





最高かよ
ゆめまるVer.(あなたは🐱)
『にゃ〜』

ゆめまる「ダメだよ、こんなん食べたら俺みたいになっちゃうからね笑」

『にゃ〜?』

ゆ「あ〜かわいいけどダメだよォ」
《あなたさんの可愛さに負けないように頑張るユメマルサン》
ゆめまる「あなたってなんでこんなにかわいいの?」
虫眼鏡Ver.(あなたは🐶)
虫さん「待ってねー、今終わるからねー(ずっと撫でながら編集)」

数分後

む「よし!終わったぁ、じゃあ遊ぼっか」

『わん!』

む「ふふ、あなたかわいい」
《なんか微笑ましい。》
む「トッテコォォォイ」
作者
作者
全国の虫眼鏡ファンの皆様失礼しました
作者
作者
@BellFlower様のリクエストでしたー
めっちゃ緩いですね(我ながら)