無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

❤️
オナブタ
オナブタ
あなた〜!!!!
私
うわぁ!って、オナブタくん?どしたの?
オナブタ
オナブタ
話したいことがあるんだけど今大丈夫?
私
(オナブタくんが真面目に話、、?なんだろ)
私
あ、うん。大丈夫だよ
オナブタ
オナブタ
いきなりなんだけどさ、
オナブタ
オナブタ
俺あなたが好きだ
オナブタ
オナブタ
付き合って欲しい
私
え、?
オナブタ
オナブタ
どう、?
私
もちろん 私で良ければよろしくお願いします
オナブタ
オナブタ
いいの?やった〜!!
私
実はね、私もオナブタくんのこと好きだったんだ
オナブタ
オナブタ
えっじゃー両思い?!
私
そ、うかな
オナブタ
オナブタ
嬉しいな〜
私
私も嬉しい。
私
ねぇ、オナブタくん
オナブタ
オナブタ
〜?
私
ぎゅーってしても、いい?
オナブタ
オナブタ
えっ
私
だめ、、?
オナブタ
オナブタ
いいよ!おいで!
私
(ぎゅーっ
私
オナブタくん暖かいね
オナブタ
オナブタ
そうかなー?
(やばい恥ずかしい)
私
落ち着く。
私
このこと2人(💚💛)には言った?
オナブタ
オナブタ
まだ〜
私
そっか
オナブタ
オナブタ
次会ったら言うわ〜
私
急がなくていいよ、オナブタくんが好きな時に言って
オナブタ
オナブタ
うん
2人はしばらくハグをしながら色んなことを話した