無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

💚
わきを
わきを
あなた、
私
私
あれ、わきをくん?どしたの?
わきを
わきを
あのさ、
わきを
わきを
俺あなたがすき。
私
私
えっ、?
わきを
わきを
ごめん急だよね
わきを
わきを
要するに付き合って欲しいってこと
私
私
えっえ私と?
わきを
わきを
うん。だめ?
私
私
私で良ければよろしく
私
私
、お願いします
わきを
わきを
いいの?
私
私
うん
私
私
私も好き。
わきを
わきを
え?
私
私
私も好きだったの、わきをくんのこと
わきを
わきを
じゃあ両思いってこと?
私
私
そ、う
わきを
わきを
よかった、てっきりズバっと振られるかと
私
私
そんなことするわけw
わきを
わきを
なにそれ嬉しい
私
私
ねぇ、
わきを
わきを
どした?
私
私
ぎゅーしても、いい?
わきを
わきを
は、は?
私
私
ごめん、急だよね。寂しくて
わきを
わきを
あっえと、違う。そうじゃなくて、嬉しくて...えっとじゃああなた、おいで?
私
私
うん、(ぎゅーっ
わきを
わきを
(恥ずかしいな)
私
私
わきをくんは暖かいね
わきを
わきを
そう?
(いきなり過ぎて恥ずかしいって、照れるよ)
私
私
このこと2人((❤️💛))に言った?
わきを
わきを
ううん、なんにも
わきを
わきを
会った時言うよ
私
私
急がなくていいよ、わきをくんの好きなときで
わきを
わきを
うん
2人はしばらくハグをしながら色んなことを話した