無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

幼馴染み27
あなたside


相澤「これから個性把握テストを行う
お前らも やったことあんだろ、、、

個性禁止体力テスト」



私は中学の頃やった体力テストを思い浮かべた

運動神経も悪くない方なので勝己とツートップで、ひやっほーな状態でやってたような気がする


相手になる人勝己ぐらいしかいなかったんだもん


なるほど、、あれを個性ありでやんのか、、



相澤「試しに投げて見ろ爆豪。
円の外からでなければなんでもいい」



勝己が指名されてボールを受け取る

ちょっと何か考えてからボールを投げる構えをした



爆豪「んじゃまぁ、、、、死ね!!」



あなた「死ねってあんた、、、」


ボール投げで死ねって


ボガァン!と爆破の勢いに乗せボールを思いっきり投げた


相澤「705.2m」


わぁぁ!と驚くみんな



??「面白そう!!」


面白そうと誰が言った



相澤「面白そう、、そんな気で過ごすのか?


“最下位は戸籍処分!!”」



ギラリと光る相澤先生の目


やばいと思った


Next➥