無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

幼馴染み15
あなたside

そしていよいよ、雄英高校入試の日


いつも通り勝己を起こしに行く



あなた「おはよう、おばさん」


爆豪母「おはよう!あなたちゃん!

入試頑張ってねぇぇぇぇぇぇ!!」


爆豪「うるせぇ!!クソババア!!」


爆豪母「クソっていうな!クソガキ!」



珍しく勝己が起きていた


昨日はよく眠れたのかな??




おばさんに挨拶をして、雄英高校までの道を歩く


あなた「いやー遂入試だね」


爆豪「フンっ当然俺は1位に決まってるけどな」


鼻で笑う勝己は自信満々



爆豪「お前、、、」


あなた「ん?なに?」


爆豪「まさかとは、思うが落ちないよな?」



あなた「いやーまさか、推薦だし、、

え?もしかして落ちちゃったりする?」



爆豪「は?そんなの知らねぇよ!」



あなた「もぉー!勝己の言葉で緊張してきた」



大丈夫だよね、、、、うん、、、、

緊張で心臓がバクバクしてる


大丈夫、、、私なら、、、



なんて思ってる間に門の前に着いた


一般入試と推薦入試の会場は違うので一旦勝己とはお別れ


次会うのは入試がおわってから



あなた「じゃあ行ってくるね」


爆豪「おう」


相変わらずの返事を聞いて、背を向けたその時



爆豪「おい!待て!」


あなた「?」



爆豪「が、、」


あなた「え?蛾??」


爆豪「頑張れよ!!!」


ダダダダーー!とそれだけを言い残して走り去って行った


なんだ、なんだ、



、、あの勝己が応援!?


あなた「雨が振らなきゃいいけど」



嬉しかったのは言うまでもない

Next➥
新しいお話は明日投稿します