無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

幼馴染み30
あなたside


爆豪「どういうことだ!訳を言え!くそデク!!」


バババッと爆破を起こしながら出久の方へ走っていく勝己


や、まずい、しまった、反応が遅れた


すると勝己は相澤先生に止められていた



爆豪「っんだ!この布!!」


相澤「何度も何度も個性使わせるなよ、、、
おい癒波、爆豪ちゃんと見とけよ」


癒波「はい、、すみません。」


、、、ん?反射的に謝っちゃったけどなんで知ってんだ??


布を取られた勝己の手を握って爆破を抑えておく


俺はドライアイなんだ!と言って別の所に行ってしまた



あなた「ダメだよ問題起こしたら、次の種目行かなきゃ」


爆豪「っくそ!、、、、
お前知ってたのかよデクの個性、、」


あなた「いや、、全然知らなかったよ、、
あっ!出久指貸して!治してあげる」


出久の腫れ上がった指を治してあげなきゃ


多分また複雑骨折


相澤「やめろ」


あなた「な、どうしてですか!!」


相澤「お前はこいつの怪我直したら体力無くなるだろ
本気で出来ない体力テストになる」



何も言葉が出なかった、


確かにそのとうりだ、





悔しいけど、自分の無力さを呪うしかない

Next➥