無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

幼馴染み3
あなたside


あなた「じゃあ外で待ってるから」

爆豪「おう」


爆豪母「行ってらっしゃい!あなたちゃん!」


あなた「行ってきます!!」




パタンと勝己の家を一足先に外に出て勝己が着替えるまで待つ。




そしてこの時間に大体通るのが、、、




緑谷「あ!あなたちゃん!おはよぉ〜!」



ぱぁぁぁ!と効果音が着きそうな笑顔で挨拶してくるのはもう1人の幼馴染みの緑谷出久だ。




あなた「おはよ、出久!」



だいたい出久と喋ってると勝己が来るって言う感じだ。



ただ、滅多に出久と一緒に行けることは無い



超絶すげぇ機嫌が良くてレア度5の起き方をした時、出久が一緒にいても何も言わない事がたまぁぁぁぁぁにあるぐらいだ



普段の日は顔を見るなりぶっぱなそうとするので危険だ


しかも今日は、、、


あなた「出久、今日ちょっと、まずいかも、、」



緑谷「えええ!またやったの、、じゃじゃあ僕行くね!」



ひゃーーー!と早足で逃げていく出久はどうやら勝己の怒りに慣れてないみたい




爆豪「誰か居んのか?」



ドアが空いて勝己が出てくる

間一髪だったよ、、出久、、、



あなた「んーんただ友達が通ったから挨拶してただけ」



爆豪「フッんクソモブかよ、行くぞ」



あなた「はいはい」



ズンズンと歩く勝己の隣に並んで学校へ向かった


Next➥