無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

幼馴染み29
あなたside

ここまでまずまずの記録を残しつつやはり心配なのは出久だ


ここまでヒーローらしい記録がひとつも出ていない


このままだと間違いなく最下位は出久で、除籍処分になってしまう



爆豪「おい、あなた行くぞ」


あなた「あっうん」



勝己は何の心配もいらない


もうすでに705m出してるもんね



次の計測はソフトボール投げだった


∞を出している女の子がいて、すごいな〜なんて思っていると


次は出久の番だった

じぃーとボールを見つめて何かを考えている様子



飯田「このままだと緑谷まずいぞ!」


爆豪「あったりめぇだ!無個性だからな!」


飯田「無個性!?
君、彼が入試で何を成したのか知らないのか!」



爆豪「あぁ゛?」



そうだよねそれも仕方ない、、だって無個性だから



、、、ん?無個性??



そう、出久は無個性



個性の発見はもれなく4歳まで



だとしたらどうして、、、







あなた「出久は雄英に受かったの?」


入試の時は仮想ヴィランに潰されたのだと自己完結していた



でも、それにしてはピンポイント過ぎたし、拳から込めたような攻撃


もし、なんらかの原因で個性が発現したとしたら、それが個性による怪我だったら


出久がボールを投げようとしたその瞬間、先生の個性で出久の個性を止めた


やっぱり個性を持っているんだ




爆豪「は、、、?どういうことだよ??」


あなた「出久に個性が発現してる、、?」



見ている周りの人も混乱していたが私たちはもっと意味が分からなかった


一体何が起きているんだ??














記録 705.3m

Next➥
無事入学式が終わりました!!

部活も始まり、充実しています!!

これからも「爆豪くんは彼女大好き症候群」をよろしくお願いします