無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

幼馴染み14
あなたside

それからというもの、勝己は私の隣を全く離れなくなった


流石にトイレまで着いてこようとしてきた時は拒否したけど、、、


小さい頃から一緒にいるし、爆破しようとした時もすぐに止められるし別に困ったことはなかった



モブ「2人って付き合ってないの??」

昔から何回か言われたことがあったがココ最近グッと増えた気がする


「「付き合ってない」」


特に気にせずに答える

気まずくなることもない


ただの大切な幼なじみ


それは出久も一緒



あの事件の次の日、再び出久にお礼をした

「ありがとう、あの場で誰よりもヒーローだったよ」と、


出久はとても嬉しそうだった


それからというもの、出久はムキムキになり

授業中のブツブツが多くなった



勝己と一緒にいる時間が多くなったのに比例して、出久と一緒にいる時間が少なくなった

でも、出久が頑張ってるのを思うとこちらまで頑張ろうと思えた


Next➥

プリ小説の不具合で、14話・15話が消えてしまったみたいで、、

再度書き直しました。

前とお話が違う所があるかもしれませんが
ご了承ください🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️