無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

幼馴染み10
あなたside

勝己の取り巻き達と別れ2人で歩く


賑わう商店街を歩き、いつもの道を通る



もちろん、勝己にはお説教。



あなた「勝己、なんでいっつも出久に突っかかるの、

幼馴染みなんだよ?
むしろ登下校も一緒に、、、」


爆豪「うるせぇ!
幼馴染みなんざお前1人で十分だ!!!」


けっ!と言いながらペットボトルを蹴る勝己


なにちょと、可愛いこと言ってんのよ



もうちょと怒ろうと思ったが、

もう、収まってしまった。



それにしたって、勝己の出久嫌いはどこから来たのやら、、


はぁ、とため息をついた


すると、勝己が不満そうに振り向いた


爆豪「っ!だいたいお前が!いっつもデクばっか、
かまっ、、かっ、、かま、、」


あなた「?なに釜?」


爆豪「っ!なんでもねぇよ!」


あなた「え〜、、何よ、釜って、、、」


何故か照れながらちょっと先を歩く勝己


勝己さん耳が真っ赤ですよ〜



かわいいな、なんて思っていたその時だった


突然、空が真っ黒になり、外の景色が遮断された

Next➥

ちょと、新機能を使いまして、

アンケート!!

アンケート

番外編見たいですか??
YES👍
85%
NO🙅‍♀️
15%
投票数: 363票