無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第24話

幼馴染み23
あなたside

あなた「そんなことがあったんだ、、」


だから目が覚めた時こんなに焦ってたんだ


一部初終聞いた私は納得した。


爆豪「あんだけ、騒いでたのにお前全然起きねぇし

帰ってる時も、背中で揺れてんのに、、、
息止まってんじゃねかってぐらい起きねぇし、、、
ほんと、、、、


どんだけ心配したと思ってんだよ」

ぐしゃぐしゃっと頭を掻き回して布団に顔を埋める勝己


その頭にそっと手を乗せて頭を撫でる


あなた「ありがとう、勝己、、、

いっぱい心配かけてごめんね?」


爆豪「っ、」


頭をあげ、抱きしめられる



爆豪「生きてる、、はっ、、良かった、、、」


あなた「ほんと、、ごめんね、、、」



こんな心配させたと思うと死ぬほど申し訳ない


頭のいい勝己だから考えなくていい余計な心配もしたんだろう


今までキャパオーバーで倒れるなんてこと無かったし、小さい時に少し使いすぎて頭が痛くなった時でさえ、泣きそうになるほど心配してくれたから、、


ほんと申し訳ない、、、


爆豪「っ、あのクソナード、殺してやる、、」


あなた「えっ、勝己、出久は何もわるくないよ?」


爆豪「アイツが!
アイツの怪我を治したから倒れたんだろうが!」


あなた「いや、それはそうなんだけどね。
私が悪いの。
酷い怪我だからリカバリーガールに頼むのに
私が無理に治させてもらったの。

   だから出久は悪くないの。 」


まずい。まずい。

この様子だと出久に殺害予告を出しているだろう。



あなた「ほんとに出久は悪くないの、」


爆豪「っでも!アイツが怪我なんかしたから、!」


あなた「少し寝て治ったから、ね?」



爆豪「、、、っち、わぁったよ!」


腕の力が緩くなってほっとする


多分これで大丈夫、


まぁ明日からしばらく出久の命が危ないので、一時も勝己から目を話せない。


何をやらかすか分からないもんね。

Next➥
♡×500 あざっす🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️