無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

幼馴染み4
あなたside

登校して友達におはよーって挨拶して席に着く




勝己の席には取り巻きがいて何やら話している



1時限目はなんだったかなと考えていると先生が入ってきてホームルームが始まった


担任「えー、今から進路希望のプリントを配るが、、





大体みんなヒーロー科志望だよね」



はーい!とみんなが各個性を使ってアピールする


朝から元気だな〜



爆豪「おいおい、せんせーみんなとか言ってんじゃねー
俺はそんな没個性のヤツらと同じ底辺なんざ行か
ねぇ」



あらら始まっちゃったな、なんて思いながらいい気分になってる勝己を見つめる


ブーブーと起こるブーイングすら雄英の名前を出して収めてしまう


爆豪「模試じゃA判定!あのオールマイトをもこえ、トップヒーローとなり、高額収入者ランキングに名を刻むのだ!!」


机にたって高らかに宣言する勝己




あーでも、実際A判定は本当だし、止めなくていっか


触らぬ神に祟りなし、触らぬ勝己に爆破なし



わー!と騒ぐクラスに同化し、空気になっていたその時だった、


先生が余計なことを言ったのは、、






先生「あー確か緑谷と癒波も雄英志望だったな」



げっと思った




勝己がヒーロー科に行こうと思ってる事は一応言ってあるし、


賛同も得ているが


このタイミングで言うのはまずい、、



モブ「はぁぁぁ緑谷がぁ!!」


モブ「癒波はわかるけど緑谷!?」


モブ「無理だろ!」




がはっはと笑うクラスメイトに腹が立つ。



Next➥